投稿者「sig-alst」のアーカイブ

人工知能学会第90回先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST)発表募集


─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
下記の通り,人工知能学会 合同研究会2020においてALST-90を開催致します.
今回は「オンライン開催」となります.
たくさんのご発表・ご参加をお待ちしております.
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

  1. テーマ:一般
  2. 開催日:2020年11月21日(土・祝)
  3. 会場:オンライン開催

  4. 参加費:無料
    ※資料が必要な方は資料代1冊1,500円が別途必要です.
    ※資料は学生会員の参加者には無料で配布致します.
  5. 発表カテゴリ
    一般セッション
     30分(発表20分+質疑応答10分)の口頭発表です.
     掲載原稿ページ数は最大6ページです.

    Work-in-Progress Posterセッション
     現在進行中の研究や,アイデア構想段階の研究を発展させるための発表を歓迎します.
     5分の口頭発表+1時間程度のポスター発表(横長1ページ.サイズはA3推奨)です.
     掲載原稿ページ数は標準で4ページです(6ページまでは増ページが可能です).
     ※従来,本セッションの発表者は学生に制限させて頂いていましたが,
      一般の方もご発表頂けるようになりました.
  6. 発表申込(9月中旬開始
    人工知能学会合同研究会2020の [発表申込フォーム (ALST研究会用)] より行ってください.

    • 発表申込締切2020年9月18日(金) -> 2020年9月25日(金)
    • 原稿提出締切:2020年10月16日(金)

    ※申込時には【若手奨励賞の対象】に第一著者が該当するかどうかを
     必ず確認してください.
    ※選考対象となる条件は以下の通りです.
     第一著者が次のいずれかに該当するものとする.
     ア)大学や大学院等に在学中(社会人を含む)であること
     イ)大学や大学院等を卒業・修了(博士課程単位取得退学を含む)後,
       5年が経過していないこと

  7. 参加申込(9月中旬開始
    人工知能学会合同研究会2020のサイト [参加登録] より行ってください.
  8. お問い合わせ先
    山元翔 (近畿大学) (info [ATMARK] sig-alst.jp)
  9. 入会のご案内
    人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
    オンライン入会はこちらから.

    ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
    ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.

人工知能学会 第89回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST) 開催案内

ALST89は,新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて,ビデオ会議システム(Zoom)を用いてオンラインで開催することになりました.発表形式は通常通り,口頭発表の一般セッションと,Work-in-Progress Poster (WIPP) セッションを用意しております.
WIPPセッションの発表も研究会優秀賞,若手奨励賞の対象となります.

[2020-06-18] 発表者の皆さま:オンライン開催に伴う発表方法は以下の通りです.
一般セッション
・発表20分+質疑応答10分(30分/1件)
  – 通常の研究会と同じ時間枠です.プレゼンテーション資料を当日までにご準備ください
Work-in-Progress Posterセッション
・ショートイントロダクション(5分/1件)
  – 研究の概要を短く説明して頂くプレゼンテーション資料を当日までにご準備ください
・WIPPセッション(30分/2件ずつ)
  – 当日はZoomを用いてディスプレイ上でポスターの掲示を行っていただきます
  – 「横長1ページ(サイズはA3推奨)」のポスター資料を当日までにご準備ください
  1. 【テーマ】:一般
  2. 【開催日】:2020年7月18日(土)
  3. 【会場】:オンライン形式
  4. 【参加方法】:参加申込フォーム(締切:2020年7月10日(金)
    ※ 申込状況次第で,締切を早める可能性があることをご了承ください
  5. 【お問い合わせ先】
    • 林 佑樹 (大阪府立大学) (info [ATMARK] sig-alst.jp)
  6. 【入会のご案内】
    • 人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
      オンライン入会はこちらから.
    • ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
      ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.

  7. 【開催プログラム】 #:ALST88振替発表(予稿集はALST88に掲載済み
  8. 【10:55 – 11:00】開会挨拶(5分)

    【11:00 – 12:00】一般セッション(発表20分,質疑10分)
    (1) 異義可換性のある接続表現を対象とした接続詞演習環境の設計開発と運用結果の分析
     ◯岩井 健吾(広島大学大学院), 緒方 祐(広島大学大学院), 林 雄介(広島大学大学院), 平嶋 宗(広島大学大学院)
    (2) 視覚的補助を用いた音韻意識形成過程の誤り抑制の認知モデリング
     ◯西川 純平(静岡大学), 森田 純哉(静岡大学)

    【12:00 – 13:00】昼食(60分)

    【13:00 – 13:40】Work-in-Progress Poster ショートイントロダクションセッション(5分×8件)
    (3) 論理組立演習における情報過不足問題の開発と試験的利用
     ◯中野 謙(広島大学大学院工学研究科), 姫宮 恵(広島大学工学部), 北村 拓也(広島大学学術・社会連携室), 林 雄介(広島大学大学院工学研究科), 平嶋 宗(広島大学大学院工学研究科)
    (4) 行詰り解決を指向したError-based Simulationシステムの補助問題提示機能による学習活動の分析
     ◯相川 野々香(東京工芸大学大学院), 古池 謙人(東京工芸大学大学院), 東本 崇仁(東京工芸大学)
    (5) 部品の利用と合成を指向したプログラミング学習支援システムの開発
     ◯座間 出実(東京工芸大学), 古池 謙人(東京工芸大学大学院), 東本 崇仁(東京工芸大学)
    (6) 技術仕様書における処理と対象に焦点を当てた文章読解の能力を育成する学習支援環境の検討
     ◯茂木 誠拓(東京工芸大学大学院工学研究科), 古池 謙人(東京工芸大学大学院工学研究科), 東本 崇仁(東京工芸大学工学部)
    (7) 探索形態に対応する記憶モデルを統合したWeb環境の構築
     ◯岸江 秀斗(静岡大学), 森田 純哉(静岡大学)
    (#8) Testabilityに基づくプログラム設計学習支援システムのモックへの対応
     ◯村松 昌哉(静岡大学情報学部), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 山下 浩一(常葉大学経営学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)
    (#9) 日本語ディクトグロス学習環境における協調学習者エージェントの再現文と対話応答文の生成手法の検討
     ◯鎌田 雄大(静岡大学情報学部情報科学科), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 近藤 真(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)
    (#10) プログラム挙動視覚化システムTEDViTの発見学習利用と視覚 化ルール自動生成機構の構築
     ◯鈴木 友佑(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 山下 浩一(常葉大学経営学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)

    【14:00-14:30】Work-in-Progress Posterセッション1(30分×2件)
    (3) 論理組立演習における情報過不足問題の開発と試験的利用
     ◯中野 謙(広島大学大学院工学研究科), 姫宮 恵(広島大学工学部), 北村 拓也(広島大学学術・社会連携室), 林 雄介(広島大学大学院工学研究科), 平嶋 宗(広島大学大学院工学研究科)
    (4) 行詰り解決を指向したError-based Simulationシステムの補助問題提示機能による学習活動の分析
     ◯相川 野々香(東京工芸大学大学院), 古池 謙人(東京工芸大学大学院), 東本 崇仁(東京工芸大学)

    【14:40-15:10】Work-in-Progress Posterセッション2(30分×2件)
    (5) プログラミングにおける部品の利用と合成を指向したプログラミング学習支援システムの開発
     ◯座間 出実(東京工芸大学), 古池 謙人(東京工芸大学大学院), 東本 崇仁(東京工芸大学)
    (6) 技術仕様書における処理と対象に焦点を当てた文章読解の能力を育成する学習支援環境の検討
     ◯茂木 誠拓(東京工芸大学大学院工学研究科), 古池 謙人(東京工芸大学大学院工学研究科), 東本 崇仁(東京工芸大学工学部)

    【15:20 – 15:50】Work-in-Progress Posterセッション3(30分×2件)
    (7) 探索形態に対応する記憶モデルを統合したWeb環境の構築
     ◯岸江 秀斗(静岡大学), 森田 純哉(静岡大学)
    (#8) Testabilityに基づくプログラム設計学習支援システムのモックへの対応
     ◯村松 昌哉(静岡大学情報学部), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 山下 浩一(常葉大学経営学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)

    【16:00 – 16:30】Work-in-Progress Posterセッション4(30分×2件)
    (#9) 日本語ディクトグロス学習環境における協調学習者エージェントの再現文と対話応答文の生成手法の検討
     ◯鎌田 雄大(静岡大学情報学部情報科学科), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 近藤 真(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)
    (#10) プログラム挙動視覚化システムTEDViTの発見学習利用と視覚化ルール自動生成機構の構築
     ◯鈴木 友佑(静岡大学情報学部), 小暮 悟(静岡大学情報学部), 野口 靖浩(静岡大学情報学部), 山下 浩一(常葉大学経営学部), 小西 達裕(静岡大学情報学部), 伊東 幸宏(静岡大学)

    【16:30 – 16:35】閉会挨拶(5分)

    【17:00 – 17:30】専門委員会

  9. 共催など IEEE Education Japan Chapter 協賛

人工知能学会 第89回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST) 発表募集

ALST89は,2020年7月18日(土)に「オンライン形式(検討中)」 「岡山大学(津島キャンパス)」で開催する予定です.
発表形式は通常通り,口頭発表の一般セッションとWork-in-Progress Poster (WIPP)セッションを用意しております.
WIPPセッションの発表も研究会優秀賞・若手奨励賞の対象となります.
研究の初期アイデアを公表し,現在進行中の研究を発展させる機会としてご利用下さい.
たくさんのご発表・ご参加をお待ちしております.

[2020-06-04] 新型コロナウイルス(COVID-19)への対応
新型コロナウイルス感染症の感染状況を確認しながら,現地開催の可能性を議論してまいりましたが,このたび開催会場(岡山大学)のイベントの開催方針や,参加者の皆様の健康と安全を鑑みて,現地での開催を断念することといたしました.現時点では中止ではなく,オンラインでの開催を目指して,その形式等について検討しています.具体的なことが決まりましたら研究会ウェブサイトまで速やかに連絡いたします.

[2020-04-10] 本研究会では新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の状況を日々確認し,人工知能学会や会場の岡山大学の方針に従いながら,発表者,参加者の健康及び安全を最優先にした上で準備を進めています.現時点では現地開催を予定していますが,状況によってはオンラインでの実施や,延期・中止の判断をする可能性があることをご了承ください.
開催に伴う変更が生じた場合は,発表申込者の皆様,および研究会ウェブサイトまで速やかに連絡いたします.
第88回合宿研究会(ALST88)の振替発表への対応
2020年3月9日(月),10日(火)に開催を予定していたALST88は,新型コロナウイルスの影響の拡大を受け実施を中止しています.ALST88の発表者の方で希望される方におかれましては,今年度のいずれかの研究会(ALST89, ALST90, ALST91)で振替発表を行える機会を設けます.
ALST88の発表者の皆様には申込方法を別途連絡します.
振替発表の申込締切は今回のALST89の発表申込締切と同日とします.
発表申込締切後の件数によっては,ALST89のプログラム内容への対応(発表時間を調整するなど)が生じる可能性があることをご了承ください.

  1. 【テーマ】:一般
  2. 【開催日】:2020年7月18日(土)
  3. 【会場】:オンライン形式(検討中) 岡山大学(津島キャンパス)教育学部講義棟
    • 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3丁目1ー1 [アクセス]
  4. 【参加費】:無料
    • 資料が必要な方は資料代1冊1,500円が別途必要です.
    • 学生会員の参加者には資料を無料で配布いたします.
  5. 【発表カテゴリ】
    • 一般セッション
      30分(発表20分+質疑応答10分)の口頭発表を予定しています.
      掲載原稿ページ数は原則6枚です.
      6枚を超過した場合には追加原稿2枚を限度とし,追加原稿1枚につき2,000円の超過料金を頂きます.
    • Work-in-Progress Posterセッション
      現在進行中の研究や,アイデア構想段階の研究を発展させるための発表を歓迎します.
      5分の口頭発表+1時間程度のポスター発表(A0サイズ)を予定しています.
      掲載原稿ページ数は標準で4枚ですが,6枚までは無料で増ページを受け付けます.
  6. 【発表申込】
    • 発表申込フォーム(人工知能学会 受付管理システム) 締め切りました
    • 申込時には[若手奨励賞の対象]に第一著者が該当するかどうかを必ず確認してください.
    • 選考対象となる条件は以下の通りです.
        第一著者が次のいずれかに該当するものとする.
        ア)大学や大学院等に在学中(社会人を含む)であること
        イ)大学や大学院等を卒業・修了(博士課程単位取得退学を含む)後,
          5年が経過していないこと
  7. 【締切】
    • 発表申込締切:2020年 5月22日(金)
    • 原稿提出締切:2020年 6月19日(金)
  8. 【お問い合わせ先】
    • 林 佑樹 (大阪府立大学) (info [ATMARK] sig-alst.jp)
  9. 【入会のご案内】
    • 人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
      オンライン入会はこちらから.
    • ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
      ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.