投稿者「sig-alst」のアーカイブ

人工知能学会 第95回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST) 発表募集

新型コロナウイルスの流行状況を踏まえ,ALST95は,2022年7月16日(土)に「岡山大学(津島キャンパス)」あるいは「オンライン」のいずれかの開催で検討中です
# 発表申し込み前に決定し、発表申し込みの方、および本Webサイトにて連絡する予定です

発表形式は通常通り,口頭発表の一般セッションとWork-in-Progress Poster (WIPP)セッションを用意しております.

WIPPセッションの発表も研究会優秀賞・若手奨励賞の対象となります.
研究の初期アイデアを公表し,現在進行中の研究を発展させる機会としてご利用下さい.
たくさんのご発表・ご参加をお待ちしております.

  1. 【テーマ】:一般
  2. 【開催日】:2022年7月16日(土)
  3. 【会場】:岡山大学(津島キャンパス)あるいはオンラインで検討中
  4. 【参加費】:無料
    • 資料が必要な方は資料代1冊1,500円が別途必要です.
    • 学生会員の参加者には資料を無料で配布いたします.
  5. 【発表カテゴリ】
    • 一般セッション
      30分(発表20分+質疑応答10分)の口頭発表を予定しています.
      掲載原稿ページ数は原則6枚です.
      6枚を超過した場合には追加原稿2枚を限度とし,追加原稿1枚につき2,000円の超過料金を頂きます.
    • Work-in-Progress Posterセッション
      現在進行中の研究や,アイデア構想段階の研究を発展させるための発表を歓迎します.
      5分の口頭発表+1時間程度のポスター発表(A0サイズ)を予定しています.
      掲載原稿ページ数は標準で4枚ですが,6枚までは無料で増ページを受け付けます.
  6. 【発表申込】
    • 発表申込フォーム(人工知能学会 受付管理システム) こちら
    • 申込時には[若手奨励賞の対象]に第一著者が該当するかどうかを必ず確認してください.
    • 選考対象となる条件は以下の通りです.
        第一著者が次のいずれかに該当するものとする.
        ア)大学や大学院等に在学中(社会人を含む)であること
        イ)大学や大学院等を卒業・修了(博士課程単位取得退学を含む)後,
          5年が経過していないこと
  7. 【締切】
    • 発表申込締切:2022年 5月20日(金)
    • 原稿提出締切:2022年 6月24日(金)
  8. 【お問い合わせ先】
    • 山元 翔 (近畿大学) (info [ATMARK] sig-alst.jp)
  9. 【入会のご案内】
    • 人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
      オンライン入会はこちらから.
    • ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
      ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.

2022年度 委員構成

  • 主査
    小西 達裕(静岡大学)
  • 幹事
    小暮 悟(静岡大学) ※主幹事
    山元 翔(近畿大学)
    宇都 雅輝(電気通信大学)
  • 専門委員(50音順)
    岡本 勝(広島市立大学),越智 洋司(近畿大 学),笠井 俊信(岡山大学),柏原 昭博(電気通信大学),加藤 泰久(東京 通信大学),國近 秀信(九州工業大学),小尻 智子(関西大学),瀬田 和久(大阪公立大学),曽我 真人(和歌山大学),田中 孝治(金沢工業大学),田和辻 可昌(早稲田大学),東本 崇仁(東京工芸大学),長谷川 忍(JAIST), 林 佑樹(大阪公立大学),林 雄介(広島大学),堀口 知也(神戸大学),松田 憲幸(和歌山大学),嶺 竜治(日立製作所),村上 正行(大阪大学), 吉川 厚(東京工業大学)
  • 顧問(50音順)
    池田 満(北陸先端科学技術大学院大学),伊藤 紘二(東京理科大学),伊東 幸宏(静岡大学),岡本 敏雄(京都情報大学院大学),竹内 章(九州工業大学),溝口 理一郎(北陸先端科学技術大学院大学),矢野 米雄(徳島大学),渡辺 成良(電気通信大学)

人工知能学会 第94回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST) 開催案内

ALST94は,新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて,例年の合宿形式ではなく,ビデオ会議システム(Zoom)を用いてオンラインで開催 することになりました.
発表形式は通常通り,口頭発表の一般セッションと,Work-in-Progress Poster (WIPP) セッションを用意しております.
WIPPセッションの発表も研究会優秀賞,若手奨励賞の対象となります.
たくさんのご参加をお待ちしております.

    1. 【テーマ】:一般
    2. 【開催日】:2022年3月7日(月)(一日開催となりました)
    3. 【会場】:オンライン開催
    4. 【参加費】:無料
      • 【参加方法】:参加入力フォーム(締切:2022年2月28日(月) → 3月4日(金)
        ※ 申込状況次第で,締切を早める可能性があることをご了承ください。
    5. 【資料集】
      • ALST研究会会員・賛助会員
        – 通常通り冊子を郵送します(発行日:2022年2月25日(金)以降).
      • 人工知能学会学生会員
        電子版(無料)[受付ページ
        – 申込締切:2022年2月4日(木)
      • それ以外の方
        電子版(1,500円)[通販サイト
        – 販売開始:2022年2月25日(金)
        冊子版(2,000円)[受付ページ
        – 申込締切:2022年2月4日(木)

    1. 【プログラム】※○印:発表者
      [10:00-10:10]開会挨拶[10:10-11:10]一般セッション 2件(発表20分,質疑10分)
      (1) ベクトル学習のための誤りの可視化による学習支援システムの開発
      ○十文字智人,相川野々香,東本崇仁(東京工芸大学)
      (2) 力学における学習者の誤答に基づいた誤り作問システムの開発
      ○齊藤寛,相川野々香,古池謙人,東本崇仁(東京工芸大学)[11:10-11:20]休憩

      [11:20-12:20]一般セッション 2件(発表20分,質疑10分)
      (3) 振る舞いのトレースを通じてソースコードの機能の理解を促す支援システムの開発
      ○松爲泰生, 前田新太郎,茂木誠拓,古池謙人,東本崇仁(東京工芸大学)
      (4) BERTを用いたTOEIC問題自動生成システムにおける意味問題の生成
      ○玉田周太郎, 原田恵雨, 佐藤奈々恵(苫小牧工業高等専門学校)

      [12:20-13:20]昼休憩

      [13:20-14:20]一般セッション 2件(発表20分,質疑10分)
      (5) 学習時におけるPeerさを誘発させるコンパニオンロボット動作モデルの構築
      ○本多昂生,田和辻可昌,松居辰則(早稲田大学)
      (6) 第32回 教育・学習支援システム若手の会 報告
      ○山本頼弥(山陽小野田市立山口東京理科大学),アイエドゥン エマヌエル(関西大学),仲谷佳恵(東京工業大学),田和辻可昌(早稲田大学),山元翔(近畿大学)

      [14:20-14:30]休憩

      [14:30-15:00]WIPP ショートイントロダクションセッション 3件(各5分)
      (7) プログラミング演習における行き詰まり検出に基づく個別指導支援システムのオンライン・オンデマンド型演習への対応
      ○池亀智紀(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),小暮悟(静岡大学),山下浩一(常葉大学),山本頼弥(山陽小野田市立山口東京理科大学),小西達裕(静岡大学),伊東幸宏(静岡大学)
      (8) 意味交渉の学習に対応した日本語学習支援システムの構築
      ○吉田聖(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),小暮悟(静岡大学),山下浩一(常葉大学),小西達裕(静岡大学),近藤真(静岡大学)
      (9) 段階型拡張PADに基づくアルゴリズム学習に対応したTEDViTの開発
      ○相馬洸希(静岡大学),小暮悟(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),山下浩一(常葉大学),山本頼弥(山陽小野田市立山口東京理科大学),小西達裕(静岡大学),伊東幸宏(静岡大学)

      [15:00-16:00]WIPPセッション 3件
      (7) プログラミング演習における行き詰まり検出に基づく個別指導支援システムのオンライン・オンデマンド型演習への対応
      ○池亀智紀(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),小暮悟(静岡大学),山下浩一(常葉大学),山本頼弥(山陽小野田市立山口東京理科大学),小西達裕(静岡大学),伊東幸宏(静岡大学)
      (8) 意味交渉の学習に対応した日本語学習支援システムの構築
      ○吉田聖(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),小暮悟(静岡大学),山下浩一(常葉大学),小西達裕(静岡大学),近藤真(静岡大学)
      (9) 段階型拡張PADに基づくアルゴリズム学習に対応したTEDViTの開発
      ○相馬洸希(静岡大学),小暮悟(静岡大学),野口靖浩(静岡大学),山下浩一(常葉大学),山本頼弥(山陽小野田市立山口東京理科大学),小西達裕(静岡大学),伊東幸宏(静岡大学)

      [16:00-16:10]閉会挨拶

      [16:30-]専門委員会


  1. 【お問い合わせ先】
    • info [ATMARK] sig-alst.jp
    • 担当幹事:山元 翔(近畿大学)
  2. 【入会のご案内】
    • 人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
      オンライン入会はこちらから.
    • ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
      ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.
  3. 【人工知能学会の研究会資料(第一種)の扱いについて】
    • 人工知能学会第一種研究会に投稿された研究会資料は紙冊子として発行されると同時に,学会事務局で資料ID(※1)を付与した上で学会文献提供サイト「J-STAGE」(SIG-ALSTは<こちら>)上のPDFファイルとして掲載されます.
    • 発行日(※2)から一年間(エンバーゴ期間)は,PDF閲覧時に認証を求められますが,研究会登録メンバーは無料で閲覧可能です.認証のための購読者番号やパスワードは<オンライン会員情報管理システム>にログインし「学会からのお知らせ」にてご確認下さい.
      なお,エンバーゴ期間中,研究会登録メンバー以外の方は,<stores>にて購入いただけます.
    • ※1研究会資料ID(論文ID)の付与ルールを下記のように統一しました(2021年4月)
      ・資料ID: [研究会名略称]-[開催回(3桁)]-[発表順(2桁)] 例:SIG-ALST-021-03
      ・開催回: 研究会の通算の開催回数 例:21
      ・発表順: 当該開催回での論文の発表順 例:3
    • ※2紙媒体の奥付に記載された発行日
  4. 【共催など】:IEEE Education Japan Chapter 協賛