人工知能学会 第86回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST) 開催案内

# 2019-06-03にプログラムを一部変更しております

下記の通りALST-86を開催致します.
今回は「東広島芸術文化ホール くらら」で開催することとなりました.
奮ってのご参加をお願い致します.

【発表原稿執筆に関するお願い】
人工知能学会研究会への投稿論文に関する著作権規程が2017年7月に制定されました(過去の著作物にも遡って適用されます)。発表者の皆様におかれましては、同規定を遵守の上、原稿のご執筆をお願いいたします。
https://www.ai-gakkai.or.jp/pdf/sig/sig_copyright.pdf

  1. テーマ:一般
  2. 開催日:2019年7月6日(土)
  3. 会場:東広島芸術文化ホール くらら
        〒739-0015 広島県東広島市⻄条栄町7番19号 会場情報
  4. 参加費:無料
    ※資料が必要な方は資料代1冊1,500円が別途必要です.
    ※資料は学生会員の参加者には無料で配布致します.
  5. 発表カテゴリ
    一般セッション
     30分(発表20分+質疑応答10分)の口頭発表です.
     掲載原稿ページ数は最大6ページです.

    Work-in-Progress Posterセッション
     現在進行中の研究や,アイデア構想段階の研究を発展させるための発表を歓迎します.
     1時間程度のポスター発表です.掲載原稿ページ数は標準で4ページです
    (6ページまでは増ページが可能です).
     ※従来,本セッションの発表者は学生に制限させて頂いていましたが,
      現在は一般の方もご発表頂けるようになりました.
     ※今回は非常に多くの発表をお申し込みいただいているため、
      時間の都合上、従来のWIPP口頭発表を割愛させていただいております
  6. お問い合わせ先
    山元翔(近畿大学)(info [ATMARK] sig-alst.jp)
  7. 入会のご案内
    人工知能学会の会員でない方は,この機会に是非入会下さい.
    オンライン入会はこちらから.

    ALST研究会(第1種研究会)の入会はこちらを参照してください.
    ※登録資格は人工知能学会の個人会員および特殊購読会員となっています.

  8. プログラム 2019-06-03 更新版
    【10:00 – 10:05】主査挨拶(5分)

    【10:05 – 12:05】一般セッション1 4件(発表20分,質疑10分)
    (1) 学習者の心的状態推定モデルが獲得した潜在的分類観点と判断根拠抽出の試み
    古澤 嘉久(早稲田大), 田和辻 可昌(早稲田大), 松居 辰則(早稲田大)

    (2) 公式適用思考プロセスの形成を指向した因数分解の変形作問学習演習システムの設計開発と実験的利用
    榎本 浩義(広島大), 林 雄介(広島大), 平嶋 宗(広島大)

    (3) 空間表現を媒介とした言語・数式表現間の変換としての和差算数文章題の定式化と学習環境の設計
    林 雄介(広島大), 津高 七海(広島大), 岩井 健吾(広島大), 稲村 健太(広島大), 服部 公祐(広島大), 平嶋 宗(広島大)

    (4) 平面図形問題を用いた論理的思考力育成支援システムの開発
    川本 佳代(広島市立大, 広島大), 佐々木 崇大(広島市立大), 内田 智之(広島市立大), 林 雄介(広島大), 平嶋 宗(広島大)

    【12:05 – 13:05】昼食(60分) ※WIPP、ポスター準備

    【13:05 – 15:05】一般セッション2 4件(発表20分,質疑10分)
    (5) セマンティクスアウェアなプレゼン教材を活用したメタ学習の初期評価
    油谷 知岐(大阪府立大), 瀬田 和久(大阪府立大), 林 佑樹(大阪府立大), 池田 満(JAIST)

    (6) Detecting reading based on eye movement analysis
    Manuel Landsmann(Osaka Prefecture Univ), Olivier Augereau(Osaka Prefecture Univ)|Koichi Kise(Osaka Prefecture Univ)

    (7) シート圧力センサとWebカメラを用いた映像授業視聴時の集中度推定
    野村 和朗(大阪府立大), Olivier Augereau(大阪府立大), 黄瀬 浩一(大阪府立大)

    (8) 英単語問題解答時の確信判定システムの精度検証
    丸市 賢功(大阪府立大), 石丸 翔也(ドイツ人工知能研究センター), Olivier Augereau(大阪府立大), 黄瀬 浩一(大阪府立大)

    【15:05 – 15:15】休憩(10分)

    【15:15 – 16:15】WIPPセッション 5件
    (9) Reciprocal Kit Build: A Kit-Build Approach for Collaborative Knowledge Construction
    Lia Sadita(Hiroshima Univ), Tsukasa Hirashima(Hiroshima Univ), Yusuke Hayashi(Hiroshima Univ)

    (10) Kit-Build Concept Map with source connection to support Reading Comprehension in English as Foreign Language
    Banni Satria Andoko(Hiroshima Univ), Yusuke Hayashi(Hiroshima Univ), Tsukasa Hirashima(Hiroshima Univ)

    (11) センサデータと機械学習を用いたドラム演奏動作認識手法の検討
    今田 泰広(近畿大), 越智 洋司(近畿大), 井口 信和(近畿大)

    (12) プログラミングにおける学習者の部品構築プロセスを考慮した学習支援システムの提案
    古池 謙人(東京工芸大), 東本 崇仁(東京工芸大), 堀口 知也(神戸大), 平嶋 宗(広島大)

    (13) 学習者による観測器の活用を通した解答の検証を指向する力学学習支援システムの試作
    植野 和(東京工芸大), 東本 崇仁(東京工芸大), 堀口 知也(神戸大), 平嶋 宗(広島大)

    【16:15 – 16:25】休憩(10分)

    【16:25 – 17:25】WIPPセッション 4件
    (14) Airmap for Cognitive Load Reduction in Closed Concept Maps
    Pedro Gabriel Fonteles Furtado(Hiroshima Univ), Tsukasa Hirashima(Hiroshima Univ), Yusuke Hayashi(Hiroshima Univ)

    (15) KB-Mixed: Reconstructional and Improvable Concept Map to Promote Learners Comprehend, Knowledge-Building, and Creativity
    Didik Dwi Prasetya(Hiroshima Univ), Tsukasa Hirashima(Hiroshima Univ), Yusuke Hayashi(Hiroshima Univ)

    (16) 算数文章題を対象とした作問学習支援システム「モンサクン」における個々の作問課題の分析を目的とした作問プロセスシミュレータの設計・開発
    岩井 健吾(広島大), 林 雄介(広島大), 平嶋 宗(広島大)

    (17) システム開発における要求具体化タスクと支援環境の提案
    茂木 誠拓(東京工芸大), 古池 謙人(東京工芸大), 東本 崇仁(東京工芸大)

    【17:25 – 17:30】会場幹事挨拶

    【17:30 – 18:00】専門委員会

    【18:30 – 20:30】懇親会

  9. 共催など IEEE Education Japan Chapter 協賛